快適に過せるワンルーム物件の見つけ方

賃貸で一人暮らしをする際によく借りられる物件として、ワンルームタイプの物件があります。ワンルームはお部屋の面積が少ない分、家賃も少なく学生や単身赴任などの方から賃貸契約を結ぶ人も多いという話です。ワンルーム賃貸のイメージとして、帰ってすぐ寝るだけというイメージもあるのですが、実際にワンルーム物件に住んでみると、狭いながらに色々な部分が気になってくる事が多いです。契約前にはその点を受け入れる覚悟で考えて選んで欲しいと思います。

ワンルーム賃貸の特徴として、キッチンやお風呂をどうするかという点は悩みどころです。最近は携帯用のガスコンロなどがあるので、ワンルームでも自炊する分には困らないかと思います。ただし、換気扇などの設備がないこともあるので、火事や二酸化炭素中毒に気をつけて欲しいです。お風呂も近所に銭湯やコインランドリーなどが完備されているか確認しておくと、ワンルームでの一人暮らしでもそれほど生活に支障はでないと思います。

ワンルーム賃貸でこれらの設備を共用スペースで使えるというところもあります。カセットコンロや銭湯代金などは何度も利用しているとかなりの出費になるので、共用設備についても注目して物件を選んでみてください。

Posted in 不動産・賃貸情報 | Leave a comment

ワンルームに住むべきかどうか迷っているなら

一人暮らしで賃貸物件を探しているときに一番手ごろなものといえばワンルームです。一部屋しかありませんが一人で暮らしていく分には十分生活に困らずに過ごすことができます。似たような間取りに1Kがあります。これはKはキッチンを意味し、ワンルーム+キッチンになります。ワンルームでもキッチンは付いていると思うかもしれませんが、1Kになるとキッチンと部屋の間は仕切られているという特徴があります。

ワンルームが向いている人は、料理をほとんどしない人、ゆったりとしたスペースで生活を送りたい人です。ワンルームはキッチンとの仕切りがありませんのでその分生活スペースを広くすることができて暮らしやすくなります。料理をすると匂いが気になりますが、普段ほとんど料理はしないといった人なら気にならないはずです。ワンルームは1Kに比べて比較的新しい賃貸物件が多いということも特徴になります。

ワンルームよりも1Kのほうがいいと思っている人も多いようですが、使い方や目的によってはワンルームのほうが生活がしやすく快適な生活を送ることができます。ひとり暮らしを始めるためにワンルームにするかどうか迷っているといった人は自分がどんな生活を送っていくことになるのかを考えてみるといいでしょう。

Posted in 不動産・賃貸情報 | Leave a comment